2019年3月に引退し、2019年5月に売却先が決まったシグナスこと前日本政府専用機を組立てます。

難易度

作業内容難易度備考 
組立作業★★★ ジャンボジェットのプラモデルのボディーの組み付けは悪くありません。但し政府専用機は窓埋め部分の数が多いので、研磨作業で行うと大変です。溶剤をうまく活用して下さい。
塗装作業★★☆ ボディーの白とボディー下部のグレーとの区分けを丁寧にマスキングして下さい。エンジンが白ですが、白は隠ぺい力が低いので筆塗りでは仕上がりが汚くなります。エアブラシか缶スプレーを使用する必要があります。
デカール作業★★★ 赤とゴールドのストライプの機体先頭部分の貼り付け時にデカール軟化剤を使って綺麗に貼る必要があります。ストライプもデカールで表現する際にドアも同一デカールのため、ドア部分が貼っている時に折れ曲がりやすいです。

ボディーの組立
政府専用機 窓埋め窓埋め部分のボディー裏面の0.5mm厚プラ板を接着します。流し込み接着剤をプラ板の接着面に塗るとプラ板が柔らかくなり、ボディー裏面に密着しやすくなります。 表面から窓の凹み部分へ瞬間接着剤を流し固まったらパテを充填します。溶きパテを使用する場合はヒケる(乾燥するとへこむ現象)ので出っ張る位盛ります。加工部分を実際の機材を元に考察しました。
B747-400日本政府専用機の取扱説明書のから抜粋しました。政府専用機は窓埋め位置も多いです。
b747_400jg02


窓埋め左舷
1階:先頭部1個窓埋め、L1ドア前方2個・後方5・6・7・8個目窓埋め
個窓埋め L2ドア後方3個窓埋め、L3ドア前方4個目窓埋め、L4ドア前方1個窓埋め、L5ドア前方1個窓埋め
2階:非常口前方全て窓埋め 後方から3個窓埋め

右舷
1階:先頭部1個窓埋め、R1ドア前方2個・後方1・5・6・7・8個目窓埋め
個窓埋め R2ドア後方4個窓埋め、R3ドア前方1個目窓埋め、R4ドア前方1個窓埋め、R5ドア前方1個窓埋め
2階:非常口前方全て窓埋め、後方から1個窓埋め